セルモーターの故障の続き

私のスーパーセブンのエンジンはフォードのOHVですが、
もちろん今どきの高性能、高効率エンジンに比較すると
スーパーセブンのこのエンジンはガラパゴスエンジンといったところです。

最新のケーターハムやバーキンはかなり改良されて別物になっていますが、
旧いものが好きな私などにはこのスーパーセブンが丁度良いです。

またセルモーターの話ですが、あれから中古の個体をオークションで見つけ、
交換をしました。

しばらくエンジンを掛けずにいた私のセブンは
セルモーターがまたおかしくなっていました。
セル取り付け.jpg
スタートボタンを押してもカチッと音がするだけでセルモーターが回りません。
バッテリーが上がり気味かと思い、電圧を計るとちゃんと出ています。

何度かカチカチとやっていると、突然回り始めました。
回転の勢いはそれほど問題ないので、モーター自体は悪くないようです。

バーキンスーパーセブンは電装系は故障が多いので、またかという感じですが
とにかく、セルモーターのオーバーホールすることにしました。

オーバーホールといっても難しいところは特に無く、ネジをはずしていくだけなので
誰でも出来ると思います。

問題は不具合の場所を見つけるのが大変です。
ですので、分解するときに状態をじっくり観察しながら行うのが大事です。
seru全体.jpg
あけて見ると意外にもあまり汚れていません。おそらく一度開けたことがあるようです。
軸受けをモリブデングリスでグリスアップし、ブラシの荒れをペーパーで磨いて、
配線をチェックして、特に異常は無いことを確認しました。

やはり、マグネットスイッチに問題があるようです。
ただ問題はスイッチの接点部は非分解の構造になっているので
万事休す、かと思いましたが、とりあえずテスターでチェックしてみると

ON/OFFはしっかり出ていて、そうするとマグネット自体の力が足りない
ということになります。

とにかく一度どのくらいの圧力でスイッチが入るのか見てみることにしました。
アナログの体重計を使って写真の様に計ってみると、
10キロ以上、あるいはスイッチが入らない事があったり安定しません。
ばね1.jpg

よく見ると、ピニオンギヤを戻すためのばねが上下さかさまのような?・・・
上下を変えて見ると、7〜8キロでスイッチが入ります。
こんな単純なことで、と思いましたが、これ以外に考えられないので、
これで組みなおしました。

スーパーセブンのエンジンに組み付けてスタートボタンを押すと、勢いよく回りましたとさ。
今日はスーパーセブンの修理のお話でした。



この記事へのコメント
参考になりました\(^_
自分も頑張って直したいと思います
Posted by ななちゃん at 2017年08月16日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: