スーパーセブンとは

seven.jpg

スーパーセブンといえば、ロータススーパーセブンが本家本元ですが、
残念ながら、ロータスは今はもうスーパーセブンを作っていません。

しかし、そのロータスのスーパーセブンを引き継いで、
いくつかのメーカーが、スーパーセブンを作り続けています。

有名なのは、ケーターハムスーパーセブンです。
あとは、バーキンスーパーセブンです。
その他、ウエストフィールド、ドンカーブートなど
いろんな国のメーカーがいまだに生産しています。

しかも、最近は形的には、昔のスーパーセブンに近いですが、
中身はかなりの進化を遂げています。
エンジンは、最初フォードのケントエンジンという、

OHV、いわゆる、オーバーヘッドバルブ方式の
バルブ駆動タイプのエンジンを載せていたのですが、
今は、4バルブツインカムのエンジンに代わっています。

燃料供給も、昔は、ウエバーのDCOEキャブを
使っていたのですが、現在は電子制御のインジェクション
に取って代わられています。

もちろん性能も、格段の違いがあって、
加速性能では、その辺のスーパーカーと匹敵する
ほどの速さを持っているものまであります。

形もユニークで、スーパーセブンの
最もス−パーセブンらしいところです。

スーパーセブンのマフラー

スーパセブンは以前、キットカーで販売されていたくらいですから、
エンジンもいろんな種類があって、吸排気系もさまざまです。

トヨタの4A−G、マツダのロータリーエンジン、フォードのケントエンジン、
ロータスツインカムなどたくさんの種類があります。

最近は排ガス規制の理由でほとんど電子制御のインジェクションとなっていますが、
以前のスーパーセブンは、ウェバーのサイドドラフトキャブが主流で

マフラーも触媒なしのステンレス製に交換することが多いので、
奏でる音はとても魅力的なものがあります。
というのはスーパーセブンの虜になっている人で、そうでない人はただうるさいだけでしょう。

私の住んでいる場所は住宅街で、静かな場所なのでスーパーセブンなどで爆音を立てるわけにはいきません。
第一、私のような初老ともいえる人間が、年甲斐もなくスーパーセブンなどという
ご近所様にはわけの分からない自動車に乗り、下手をすると暴走族と間違えられるような音を立てるわけにはいきません。

そこで私はスーパーセブンを田舎の、ご近所迷惑にならない一軒家に置いています。
自宅から一時間くらい掛かるので、いつもすぐに乗るというわけにはいきません。

このようにスーパーセブンは雨の日に乗れなかったり、いろいろ制約の多い自動車ですが、
たまにセブンを運転するとそんなことはどうでも良くなるから不思議です。

mufflar.JPG

スーパーセブンの中古車を探す

現在スーパーセブンを買おうとすれば、中古車と新車どちらもありますが、
普通にタマ数があるとすればバーキンかケーターハムのスーパーセブンのどちらかでしょう。

バーキンは94年前後のケントエンジンを積んだセブンが多く出回っています。
このころにマルカツという会社がバーキンのスーパーセブンを扱っていて、台数も多く販売したようです。

バーキンの中古車はこのころのものをよく見かけます。
スーパーセブンの中古車は少し改造を施されたものが多く

よく見かけるのが、マフラーを替えて、触媒が付いてないものが多いです。
触媒がないと車検のときに通らないので注意が必要です。

他にステアリングが小さいものに変えられたり、シートベルトも4点式が付いてるのが多いです。
他には幌やドアの付属していないのもあります。

純正品が残っている場合はよいですが、ない場合はこれを探すのは結構大変です。
スーパーセブンを好きになればこういうことも苦にならないという人も多いですが。

ケーターハムの場合は代理店があって、取り扱うショップも多いですので、
その辺はバーキンやその他のスーパーセブンよりも安心ではあります。
その分?値段も高くなります。

どちらにしてもスーパーセブンは趣味のクルマですから、そういう苦労も楽しみでもあります。

スーパーセブンの運転席

スーパーセブンの運転席は狭いです。レース専用車に近いかもしれません。
この運転席をコクピットと呼ぶ人もいるくらいです。

7untenseki.JPG

まだスーパーセブンを運転したことがない人はどうやってこの運転席に座るのだろうと思うかもしれません。
実は私も試乗のため、初めてスーパーセブンに乗ったときはフロントウインドウの枠を支えに座り込もうとしたところ、
「変形する事があるから」と注意されました。

現在、私のスーパーセブンはクイックリリースのステアリングを付けているので、
乗り降りが大分楽になりましたが、このことからも分かるようにスーパーセブンはやはり特殊なクルマです。

まためったに使うことはないですが、スーパーセブンには幌も取り付けることが出来ます。
この幌を付けた時は本当に大変です。穴に潜り込むというような感覚で乗り込みます。

実際に私が幌をつけたのは、真冬の夜中に遠出する時に付けた事がありますが、
それ以来、一度もつけて走ったことはありません。

幌といっても、ボタンで留めるだけの簡単なものですので、雨も風も容赦なく入ってきますので、
付けないより、少しは雨風がしのげるといった程度のものではありますが。

ですから、ここからも分かるようにスーパーセブンは普通の乗用車のような快適性、
例えば、助手席の素敵な女性と楽しく会話したり、大好きな音楽を聴きながらドライブしたり、
そんなことは当たり前ですが出来ません。

そういった意味ではスーパーセブンは原始的な自動車なのかもしれません。

スーパーセブンのレプリカ

スーパーセブンはロータスが元祖ですが、今ではケーターハムがスーパーセブンの正統な継承車となっています。
ただバーキンをはじめ、ウエストスポーツやドンカーブートなどこのクルマに似たスーパーセブンもどきがあります。

スーパーセブンと名乗っていいのはケイターハムだけというのはありますが、
ここではこの似た自動車もスーパーセブンと呼ぶことにします。

なぜこんなにいろんなスーパーセブンのレプリカがあるかというと、
やはり今でもスーパーセブンに乗りたい人がいるからだと思います。

自動車は軽いのが一番。現在の軽自動車より軽いスーパーセブンは
加速もコーナリングもブレーキング、すべてにおいて有利にはたらきます。

だから乗っていて楽しい。自動車が好きあるいはドライビングが好きという人は
必ず一度は乗ってみたい車だと思います。

私もそうですが、他に大好きな車があってもこのスーパーセブンに乗ると
ほんとに楽しいと思えます。

このスーパーセブンという自動車は乗ってみないと分からない部分ですが、
なんともいえない爽快感があります。